SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from konishi_trucks. Make your own badge here.
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
TWINS I&II~ライヴ・イン・ジャパン’82
TWINS I&II~ライヴ・イン・ジャパン’82 (JUGEMレビュー »)
ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド
OTHERS
SPONSORED LINKS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

joyful noise

Jesus Others Yourself

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
土を掘る者、水をやる者、木を植える者、指示する者

コリントの信徒への手紙一 / 3章 6節 〜9節 、11節
わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。

ですから、大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です。

植える者と水を注ぐ者とは一つですが、それぞれが働きに応じて自分の報酬を受け取ることになります。

わたしたちは神のために力を合わせて働く者であり、あなたがたは神の畑、神の建物なのです。

イエス・キリストという既に据えられている土台を無視して、だれもほかの土台を据えることはできません。
  



最近、仕事で木の植え替えをやって、
今日お昼に聖書読んだらこんなところを見つけた。

いまいち「心の目」は開かれないけど、
なんか「ピコーン!」ときた聖書のことばだった。



101115_2022~01.JPG

マツに上る自分。先輩が感謝なことに写メを写真にしてくれたのですが、
頭のタオル巻き似合ってないな・・・・・・・・涙
 

| みことば | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ムカデに噛まれたのは良かった。
 ローマ人への手紙11章36節
すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです。



最近のよく思わされる聖書のことば。


今日の朝、教会で
「イエスキリストを裏切ったユダ」というメッセージを聞いた。

そのユダは、銀貨でイエスを売ったので有名だけど、
それまでに、小さな小さな事でイエスを裏切ってきて、
それが積もって積もって・・こういう結果になった。



最近、毎日釣りしてる。
これが「裏切り」ってわけじゃないんやけど笑汗
常に語られる神様は、今日はムカデを通して語ってくれた。


今日は2回釣りをしました。
昼。


最初のお出迎えはヘビでした。





なかなかに釣れません。(セルフタイマーながらエエ写真じゃ・・)




夜。



釣りの最中、ムカデに噛まれて、釣り終了になりました。
痛い。






これだけやとなんのこっちゃわからんちゅー話ですが、

え〜と・・・

この聖書の言葉からみていくと。


まず、私は神様のために生きるように造られています。
そして、神様が、私を、神様御自身のために「生きれるように」と、いろんな事で保ってくださるのですが、

この「保つ」という言葉。保つという事には、今回二つの面があるなぁと思った。(まだまだあるんやろうけど)

一つ目は、優しい保たれ方。
二つ目は、キツイ保たれ方。


さて今日は。

まず、いきなりヘビに遭遇。
この時点で、「ちょっとだけ間違った方に行きかけてるよ」という風に天のお父さんはまず、警告として語(送)ってくれた気がする。



最後には、ムカデに噛まれるんやけど、
ムカデに噛まれる直前の時間は夜11時前。
そして、一緒にいた釣友さんに、「違う場所行こうか〜(もっと釣りしようか〜)」
といわれた直後の出来事でした。

「それはちゃう!もう11時や!!明日の朝、お前は起きれるんか?
起きれないのをワシは知っとるから・・・ムカデを!」
という、天のお父さんの「ムカデ愛」のプレゼントやったと思います笑 
アーメン!笑


これで、私は神様のために生きるように保たれた!!!!はれるや。

(といってももう深夜1時なのだけど・・寝ないと・・大汗)

神様の「保たれ方」は全然予想がつかないなぁ。


さて、ネコを飼ってる僕の家。
愛情表現って、おこったり、抱っこするとかいろいろあると思うのですが、
おこるのも、愛
抱っこも、愛
なのですよね〜。


今回、自分の回復の原点「厳しい愛」についてまたちょっと振り返ることができて感謝でした。
このことを知ってるのと知らないのとでは、大分違うね。

明日には、足治るな。うん。
| みことば | 00:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
みことば9/27
箴言 20章 19節 新共同訳
秘密をばらす者、中傷し歩く者/軽々しく唇を開く者とは、交わるな。(にはなるな)
| みことば | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日響みことば7/19
ローマの信徒への手紙 / 3章 26節-27節
このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
| みことば | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日響みことば7/16
マルコによる福音書 / 9章 1節

また、イエスは言われた。「はっきり言っておく。ここに一緒にいる人々の中には、神の国が力にあふれて現れるのを見るまでは、決して死なない者がいる。」


080716_1116~010002.JPG
レポート5枚終了。7/31までにあと13枚・・


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
| みことば | 11:56 | comments(2) | trackbacks(0) |